【音楽】見たこともない景色/菅田将暉

昨日、菅田将暉さんの「見たこともない景色」を初めてちゃんと聴きました。

デビュー曲を今更....という感じですが。

聴いてる途中、何かグッとくるものがあって、すぐに2回目が聴きたくなって、歌詞を噛みしめながら聞いたら自分の中で何かが吹っ切れたのか、涙がボロボロと出てきました。

やりたいことはやれば良いという考えはずっと自分の中にあったのだけど、自分がやりたいと思ったこと、やりたいと思う気持ちはもっと大切にしなきゃいけないのかなーと思いました。

どれだけ表向きは取り繕っても、やっぱ自分には嘘はつけないし、自分を守れるのは自分だけだし、自分の望み叶えてあげられるのは自分だけだし、だからやっぱり自分を裏切ることは駄目なんだよなって。

みんな同じ人生を歩むなんてことは無いし、自分の人生を他人が代わりに歩いてくれるなんてことも無いんだから、自分しか頑張れないんだよね。

やりたいことがあれば、周り気にせず進むしかないんだけど、でもそれがどんなに恰好悪かったとしても、それを乗り越えた先に見た景色は最高なんだろうな。

周りのことを気にする暇があるなら、前に進んだほうが良い。自分の為にも。

私を助けてくれる音楽はたくさんあるのだけど、この曲も、絶対に今後私が駄目になりそうになった時に私を助ける音楽になる1曲になる。

これからも聴き続けたいし、いろんな人に聴いてもらいたいと思います。

 

菅田将暉さん、私と同い年ですが、尊敬することがたくさんある、才能が溢れている方だと思います。ずっと演じ続けててほしいと思うし、音楽もずっとやっていてほしい。

私今まで、俳優さんとかタレントさんが音楽活動をすることをあまり快く思ってなかったんですよ(笑)

なんか、もとから知名度のある人が音楽をやったら、その音楽がある程度話題になるのなんて当たり前なわけで、でもそれって今まで音楽1本でやってきた人たちになんか失礼じゃないかなとか思ったりしたんですけど、そんなことを感じさせないくらい、菅田将暉さんの歌は私の中にスッと入ってきましたね。

まあ私がもとから菅田将暉さんが好きだったというのもあるかもしれないけれど。

人となりがどうであれ、良いと思う音楽はちゃんと良いと思えるようになりたいですね。