【備忘録】ちょっと思ったことがあったので。

タイトルに備忘録とつけたのだけど、この記事というよりこのブログ自体がわたしの備忘録だなーと思ったけど、特にしっくりくるタイトルも無かったので。

 

先週の日曜日、わたしの所属するサークルがライブイベントをやりました。

わたしもチャットモンチーフジファブリックというバンドのコピーで出させていただきました。練習や打ち上げ含め、全部が楽しかったなーと思えた良い1日でした。

特にチャットモンチーは前回のイベントにも出させていただいたのですが、最後の曲の最後の部分で失敗をしてしまい、今回はそのリベンジの意味合いが大きかったなかで無事に演奏を成功させることができてよかったです。選曲とか、いろんな方から褒めていただきました。ただ1番褒めてほしいと思っていたサークルの幹事には褒めてもらえなかったのがすごく悔しいです。褒めてもらいたかった、というより、認められたかった、というほうが正しいのかもしれませんが。

 

他のバンドさんたちの演奏もわりと観てました。

ほとんど年齢変わらないのに上手い人には本当に脱帽。

 

次にイベントがあるのは9月です。9月のライブには出るつもりはありませんが、飲み会とかでバンド結成の話題がでるなかで思ったことがありました。

わたしは別に楽しくできればそれでいいってタイプの人間で、基本誘われたらバンドを組むというスタンスでやっていました。ところがサークルの中にはそういう人ばかりではないのです。

 

この前飲み会に行ったとき、ボーカル志望の子がベースを探してるってのを聞いて、わたしの横にいた幹事さんが、「○○(私)とかは?」と、わたしの名前を出してくれたのですが、そのボーカルいわく、「いやー、(一緒に組む予定の)ドラムの奴が、ベースにはこだわってるんですよね。組むなら今一緒に活動してるあの女の子か、仲の良いあの男の子にベース弾いてもらいたいらしいんですよ。」って言ってたらしいです。

 

特に普通の会話だったかもしれませんが、わたしにとってはショックでしたね。

そのベースにこだわってるドラムの子、演奏技術がすごく高くて音楽に本気で取り組んでるなんです。やっぱその人から見たら、わたしのベース技術なんて大したことないんだなーってのを感じました。

ベースは確かに上手くないのですが、選ばれなかったっていう事実は悔しいです。

 

イベントが終わったあと、ベースを頑張ろうと確かに思いました。

周りから認められたい、褒められたいと思ったのももちろんあります。

だって人間、みんな褒められたりしたら普通に嬉しいでしょ。

ただ、実行に移すのは難しいなと思いました。

平日の夜と休日に練習できますが、わたしベース以外にライブだって行きたいし本や漫画だって読みたいし映画だってみたいし飲みに行きたいし経済の勉強だってしたいしブログだって書いていたいのです。

こんなこと言ってたらいつまで経ってもベース上手くならないんじゃないかと思います。

一つのことを極めるためには、他のいろいろなものを諦めなくちゃいけないてのも分かってます。

でも考えても考えても、わたしにとってはどれも大事で、無くしていいものなんて無いなと思いました。好きなものは好きなのです。世の中のことにもカルチャー的なことにも常にアンテナを立てて触れていたいのです。

 

やりたいことがたくさんある中で時間を作るのは難しい。

でもその限られた時間の中でも、有効に使ってベースを練習していけたらと思います。

 

広く浅く手をだすことが正解かは分かりませんが、それでも自分がやりたいと思ったことをどんどん取り入れてくってのは、なかなか楽しい人生なんじゃないかと思います。

やりたいことをやるって考え方が私には合ってる気がします。

好きなことは削りたくないけど、好きなものは極めたいというなんとも身勝手な考え方ですが、できるだけ理想に近づけるよう、濃度の高い人生を歩んでいこうと思います。

 

趣味について改めて考えさせられた良いイベントでした。

 

サークルの皆さま、いろいろとありがとうございました。