ありがと平成、よろしく令和。

こんばんは。

今年は週1回以上ブログを更新すると決めたのに、ついに途絶えてしまいました。

またこれから頑張ります。

 

今日で平成が終わりますね。テレビでもネットでも「平成最後の~」とか言ってますね。聞き飽きたわって感じもあります。

平成を振り返って、平成は何があったかって考えたんだけど、そもそも私が生まれたのが平成だから、私に起きたすべてのことは平成で起きたことなんだよね。

他の時代を生きてないから比べようもなくて、平成が良い年だったかってのは分からないけど、少なくとも私はそれなりに楽しかったかな。

令和、わくわくするね。楽しいことが沢山あればいいなあ。

令和初日は友達とその旦那さんとその旦那さんの友達とBBQです。楽しみですね。

令和こそ、ちゃんと恋愛をしたいところ。

そのあとは2年ぶりくらいにこーとさんのライブに行きます。

楽しみだな。

令和、転職もしたいし、いろいろ発信していきたいな。自分から動くことを忘れないようにしたいね。

 

また令和でもよろしくお願いします。

最近思ったことの総まとめ。

最近いろいろなことがあって、そろそろ外に出していかないと私の頭がパンクしそうだったのでここに。

 

先週金曜日、わたしに異動の話が来ました。といっても、担当エリアと担当営業が変わるだけで勤務地も座席も変わらないのだけど。それでも私の中では大きな変化でしたね。嫌なことも腹立つことも多かったユニットでしたが、それでも2年10か月の間お世話になったユニットだし、なんだかんだ楽しいこともあったので寂しいですね。

この寂しさも、異動の話を聞いたときはそんなに実感無かったのだけど、帰り道一人で歩いてたらなんだか寂しくなって泣けてきちゃったね。

そして配属初日、私は何も無かったのだけど、別に異動になった子がいろいろあって元の配属先と席(私の隣)に戻ってきたよ。どうしても関わりたくない人がいて、その人と関わらない為に担当営業や上司と話して配属戻ってきたらしい。

社会人なんだし仕事なんだから、人間関係そこそこ割り切ってやってくれよって思ったけど、やっぱ人間関係って精神的に一番影響がある部分なのかねえ。私も前職を人間関係で辞めている身なので、逃げる人のことをとやかく言う資格はないのだろうけど。

そしてマネージャーから私が異動になった理由を聞いたのだけど、これは仕事というよりミッションだね。最初何をすれば良いのかわからなかったけど、その夜職場の先輩から私の異動とは全く関係のないことだったんだけど連絡を貰い、まあ仕事の内容だったんだけど、マネージャーが私に求めてることってこういうことなのかなあっていうのを何となく感じたよね。自分のことだけで一杯一杯でも、それでも周りのことをちゃんと見ていかないといけないね。視野を広くして仕事ができるようになりたい。

仕事のことはこんな感じ。まあ年度初めだし、これから頑張ろう。

 

日曜日の話になるんだけど、友達と花見に行ってきました。まあ川沿いだったので桜見ながら、お酒を飲みながら歩くっていうだけだったんですけど。二駅分くらい歩いて、居酒屋で飲んでたんですけど、その時に友達が「自分は本当に飽き性で、人にも飽きちゃう」って話をしてました。なんか友達でも、久しぶりに会うくらいの感じが良いみたいな。話してて、「ああ、私もいつか飽きられるんだな」って思いました。

いつかは飽きられてしまう、なんてことを考えながら友達と付き合っていくってなんか悲しいなって思いました。でも、だったら飽きられてない今のうちに沢山遊んでもらおうかとも思った。ただ、「人と会うと疲れる」みたいな人だから、こっちからは誘いづらいね。何が本音で何が建前か、どこまでが本当なのか全然掴めないなって感じの人です。悔しい。

 

そして今日の話。友達がツイッターで「努力なしに良い人と出会って結婚して子供産んでって幸せになれるわけない」みたいなツイートしてて。まあ努力って大切だよねって思う反面、まあ努力ではどうにも出来ない範囲のことだよなって思った。恋愛は。

私も努力をしたつもりだけど、結局まだ出会えてないしね。まあ私の場合は努力をしたつもりになってるだけかもしれないけど。

でも幸せになってるみんなが努力をしたかどうかも謎だよね。流れに身を任せてたら出会ったみたいな人たちだってたくさんいるわけだし。努力も大事だけど努力よりも縁かなとも思う。まあ縁を作るために結局は努力がいるのかもだけど。

私はここ数年、不毛な恋愛ばかりを繰り返してるよ。彼女のいる人ばかりを好きになったり。なんだろうね。まあ結局、私の努力が足りないんだろう。自分から積極的にいける能力欲しいね。売ってたら高額でも買いたいところ。

 

今年こそ、私は幸せになりたいな。

 

書いてたらいろいろスッキリしました。後半恋愛について考えながら書きましたが

結論、やっぱ努力っているのね(笑)

自分磨きも出会いの場に行くことも、自分から声をかけることも、今年は頑張りたい。

髪も切ったことだし。気持ちも切り替えて頑張ろう。

トラウマの話

こんばんは。

前回のブログは本当に勢いだけで書いてたなあ。あれからいろいろあった(というほどでもないけど)あの人に彼女がいることが確信になってしまった。まあ仕方ないことだね。先週はそれで精神面が不安定だったけど、今日から食欲も回復してきたのでもう気持ち的にもすっきりしたのかなあという感じです。私は仲の良い友達として付き合っていくよ。

 

それよりも、昨日ちょっと友達が気になるツイートをしてました。

昔学校の先生からセクハラを受けて、今でもそれが忘れられないということ。関連した事件とかを見ると思い出すってことが書いてあって、「分かるな~」ってなりました。

私もセクハラではないですが、前の会社で上司からパワハラを受け、鬱状態になって逃げるようにして前の会社を退職しました。新卒で入った会社を一年で辞めたんです。

辞める前の2週間、会社で毎日のように泣いてました。

あれからもう3年が経とうとしてますが、パワハラのニュースを見たりうつ病になった話を聞いたり、怒鳴り声とかもちょっと怖いです。怒鳴り声をきっかけに昔のパワハラの記憶が蘇ってくるんです。

今日も、その友達のツイートを見て自分のパワハラのことを思い出して泣いてました。

怒鳴られた内容もまだ覚えてるし、どんな気持ちで仕事してたかも割と鮮明に覚えてます。でも何より悲しくなるのが、辞める話をしたときに次長から言われた「よく耐えた、よく頑張った」っていう言葉なんですよね。私に辞める理由とか聞かず、それだけ言ってくれたのが次長の優しさだったのかなあと思います。あと、ちゃんと見ててくれたんだなって。周りに心配ばかりかけて結果も出せず、こんな迷惑をかけてしまって申し訳ない気持ちで一杯でした。

 

ちょっとしたことで思いだして辛くなって悲しくなって、こんなのがいつまで続くのかって思うけど、たぶんずっと続いていくのかな。向き合って生きていくしかないのかな。いつまで辛くなればいいのかな。

自分がパワハラにあって辛くて、鬱の辛さも知ってるからもう自分みたいな被害者は出したくないのだけど、今の会社でも前にいじめられて会社辞めちゃった新人の子いたんだよな。私は全然関わることはなくて、だからって言い訳にはならないのだけどその子の苦しみに気づいてあげることも出来なかったのが悔しい。気づいていてもっと仲良くなってれば、その子はあんなに苦しまなくてすんだのかな。

その辛さが分かるからこそ、何もしてあげられなかった自分が悔しくなるな。

 

この辛さと向き合っていかなきゃいけないのは辛いのだけど、忘れたらあの1年が無駄になる気もする。

私みたいな子を生み出さない為にも、私はできる限り人には優しくしていたい。

苦しんでる子に頑張れだなんて言わない。

私は私の経験を絶対に無駄にしない。

 

鬱の辛さはなった人にしか分からないってのは、前に高校の時の友達と話してて分かったよ。高校の友達の職場の後輩に、私と同じ状態の子がいたらしいのだけど(今はもう退職してるらしい)私の友達からみたら、その子は甘えてるだけに見えたらしいし、話を聞いてたもう一人の友達も「それはその子が悪いね」みたいな感じで話してた。

私もそんな風に周りに思われてたかと思うと悔しい。悔しくて仕方なくなる。

 

セクハラもパワハラも、被害者は一生傷を負ってくものだと思うけど、加害者はある程度の制裁で済んじゃうんだろうな。私のパワハラ上司も、たぶん怒られただけだと思う。納得いかないなあ、そんなの。

 

私は未だに泣いちゃうし、転職を考えてるけど、転職先もどんな人がいるか、やっぱりそこが不安になるんだよ。

 

トラウマと向き合っていく強さが欲しいね。強くなりたいなあ。

そして祈ってます。こんな辛い思いをする人が少しでも減ることと、加害者にちゃんとした制裁を。

 

世の中みんなが幸せに過ごせればいいのになあ。

 

勝手に期待して勝手に傷つくのやめたい

気になる人が自分と仲良くしてくれたって

それが自分だけなわけなくて、他にも仲良くしてる女の子っているもんだもんね。

視野が狭いまま行動してたというか思い込んでたというか

特別な仲と言われても「ああ、そりゃそうだよね」って感じになりそう。

もっと可愛く生まれたかったなーと思うばかりです。

まあ余計な詮索をした私が悪いわけですが。

 

それが発覚したからかわかんないけど、最近本当にご飯が食べられなくなった。

少し食べたらもう気持ち悪くなるし、胃がムカムカしてくる感じがする。

体調がここまで変なの久しぶりだな。お腹は空くのに何も食べたくない。

 

最近は悩むことがまた多くなった。

月曜日に会社の人から離婚した旨を聞いたり、人が辞めちゃう話とかを聞いてて

なんかみんなちゃんと先のこととか考えてるんだなって。偉いなってなった。

私は6月でまる三年になるわけだけど、三年経ったら転職しようって決めてるけど

じゃあ自分がどうなりたいかって、やっぱ難しいんだよな。

文章を書くことがやりたいけど、それでどこまで稼げるかだよな。

東京に行きたかったけど、転職の交通費とか向こうでの生活でのお金とか考えだしたら

やっぱ私はここから出られない気がするなあ。ここに残る必要性なんて無いのに。

4月にあるライブを以て、やっぱバンドはやめようかなって思う。

ちゃんと考える時間を作らなきゃ駄目だ。これは誰のためって言ったら将来の自分の為だよなあ。

会社のその離婚した人に、私がいなくなることまで考えたら不安って言われたけど

申し訳ないけど「じゃあここにいます」のは言えないかな。

私が居なくなったって、新人さんが育てばすぐに私の代わりなんてなれるわけだし。

まあ次の会社行ったって、そこで必要とされる存在になれるかわからんのだけど。

そもそも、私にしかできない仕事なんてあるのか?って感じだ。

離婚された方は今の会社で何か交渉をするらしい。行動力がすごい。

まあ、お金が無くても生きていかなきゃいけないもんね。どんなに苦しくても簡単には死ねないところ。

 

私はもう、これからどうやって生きてこうか考えるしかないんだよなあ。

 

おやすみなさい。

 

岬の兄妹という映画

こんばんは。

久しぶりにツタヤに行ってCDをレンタルしてきました。

新しい音楽を取り込むのはワクワクするね。

作業してたらこんな時間です。あいみょんを聴きながら書く。

 

突然ですが、岬の兄妹という映画を観た方いらっしゃいますかね?

気になってて友達と観に行く約束までしたのですが、予告の過激さと観た方のレビューを読んでたら観るのが怖くなりました。

話のテーマは良いんだけど映像がとにかく汚いとのことで、観るのが怖くなりました。

貧困×売春×障害という重たいテーマなんですが、評価は高いんですよね。

まあ、実際に貧困も売春も障害も存在しているわけで、現実を突きつけられるというレビューもよく見ますが、やっぱちょっと観るの辛そうですよね。

足の不自由な兄が自閉症の妹に売春を斡旋して生計を立てていくのですが

自分も女だからか、売春をさせられるっていうのがどうにも辛いですね。(映画では、妹は売春を楽しんでいるらしいですが)

妹の売春行為を見せつけられる兄の気持ちも、考えだしたらもう辛い。

現実から目を逸らしたらダメなんだろうけど、私は映画を観に行ったとしてもほとんどスクリーンが見られないんだろうなって思いました。

結局約束はお断りを入れてしまったのだけど。

いつか、観れる覚悟ができたときに観たいかな。映像が汚くても考えさせられることがある映画は割と好きだ。

まあレビューを読んでる時点でいろいろ考えさせられたんですが。

万引き家族とよく対比されてましたが、万引き家族よりよっぽどどん底らしいです。

日本の格差、自分が知らないというか気づかないだけかもしれないけど起きてるんだよな。

生きることに必死になって人間臭く生きるのは悪いことではないんだけど、どうやって生きていくのが正解なんだろうか。生き方に正解があるのかもわからないんだけど。

 

原作で本とかあれば良かったんだけど、無いっぽいし。

とにかく私には、まだあのストーリーを映像で見る勇気はないかな。

 

そんなことばかりを考えていて全く仕事に身が入らなかった今日でした。